2011年05月26日

Lpic受験記

実はお仕事にあぶれて、会社からお勉強してきなさいとお達し
某ITスクールに日々通っております。

Linux Server構築のお勉強ということで
学んでたのですが、多少なりとも業務でLinux君はやっていますので
さらっと実習は終わってしまった。
ついでにLpicの試験対策講座も受講させてもらい
せっかくなので受験したのでした

Lpicとは
http://www.lpi.or.jp/

Level2の対策を先にやってしまったのですが
この資格下位のLevl1を取得認定されないと上位のLevel2は認定されないという
ベンダー資格っぽいしくみ 
1万5千円×4試験(101,102,201,202)= 6万円

Level2はスクール様の素敵な模擬問題のおかげでばっちりだったのですが
Level1はまぁまぁ大変でした。細かいコマンドのOptionとかさー
実務じゃmanかぐぐって探すしさ。

でもおかげでviスキルがあがったと思う(いまさら・・・)
Linuxでエディタといえばgeditかemacsを使ってたヘタレ
なのでこれで少しはまともなエンジニアになれるか。

でもさクレカの請求が恐ろしいわ。

ayuthky_m at 16:42|PermalinkComments(0)Linux 

2010年05月17日

閑話休題

実はいそいそとAndroidを楽しもうとしてたら、出向させられてしまい計画倒れ中です。
今はC++のSTLをたしなみ中。便利だー


ayuthky_m at 17:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月29日

AndroidでTwitterと戯れる(1)~設計概要~

Androidにチャレンジ」編を終了して改めて
ガチで取り組んでみようと考えました。
ということで「AndroidでTwitterと戯れる」編スタートします。

一応自分に課題を与えないと適当にすごしてしまうので。。
せっかく(!?)なので「Twitter」と絡んだアプリを作ろうかと思います。


クライアントアプリは敷居が高い(途中で放棄しそうな)ので
気軽な感じにします。

<戯れる趣旨>
1.いちいちクライアントソフト立ち上げて見るのがめんどくさい。。。
→じゃWidgetで貼っとく。
2.TL(タイムライン)じゃなくても面白いこというBOTとかのTweetを適当に拾いたい。
→アカウントなくてもいける?
3.そのうち使えるようになるスキルも少しは学べる課題ももりこんで
→DBつかったり、Timeスケジュールしたりすればいいかな

<設計概要>
TwitterのTweetを定期表示するWidgetアプリ
<設計詳細>
1.Widgetアプリ
2.Twitter APIは「Twitter4j」を活用させていただく。powered-by-twitter4j-138x30

3.Twitterへのログインは任意。
4.段階を踏んで改造していく。

<イメージ>
wigetこんな感じで表示する













widget_menu名前は勝手につけた「AndPopTweet(ぷっ)」
『「Android」の「PopupWidget」で「Tweet」を見るから。』
ICONはAndroid Icons「Androidicons」を使ってみましたよ。












config一応設定画面はこんな感じで














これは今ベースとなるお試し版の画面です。
いまはログインして自分の最新Tweetを表示してるだけなのです。
もちろん更新もされてないです。
さーがんばろう。


ayuthky_m at 13:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Android | Twitter