2010年02月25日

WinUSB を使おう7~Infファイル編(4)最終~

たどり着いた最終章

; ================= Source Media Section =====================

[SourceDisksNames]
1 = %DISK_NAME%,,,\i386
2 = %DISK_NAME%,,,\amd64
3 = %DISK_NAME%,,,\ia64

[SourceDisksFiles.x86]
winusbcoinstaller2.dll=1
WdfCoInstaller01009.dll=1
WUDFUpdate_01009.dll=1

[SourceDisksFiles.NTamd64]
winusbcoinstaller2.dll=2
WdfCoInstaller01009.dll=2
WUDFUpdate_01009.dll=2

[SourceDisksFiles.ia64]
winusbcoinstaller2.dll=3
WdfCoInstaller01009.dll=3
WUDFUpdate_01009.dll=3 ・・・(1)
; =================== Strings ===================

[Strings]
ProviderName="MyWinUsbTest"
・・・(2)
USB\MyDevice.DeviceDesc="Test using WinUSB only" ・・・(3)
WinUSB_SvcDesc="WinUSB Test"
DISK_NAME="My Install Disk"
ClassName="MyDeviceClass" ・・・(4)

やっと完了。
[Source]セクション
(1)は先ほど準備したDLLたちの格納先を示しています。
[String]セクション
やっとここの説明ですね
今まで出てきた「%%文字列%%」はここで定義されているのです。

(2)ずばりディバイスマネージャーで[プロバイダ名]として出力する箇所です。
(3)このDriverの名称です。狭義の意味ではWinUSB Driverなんですけどね。このInfファイルも含めて広義の意味で自分で名前をつけられます(えっへん!)
(4)これが
ディバイスマ ネージャーで表示されちゃうClass名です。

その他Stringもレジストリエディタで表示されたりする名称だったりします。

やっとinfファイルから開放されました。


ayuthky_m at 16:21│Comments(0)TrackBack(0)driver | WinUSB

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字